FC2ブログ

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
拍手する

fate


柔らかな檻の中

やさしい男

無機の国にて

抱いた肩の儚さよ

宿命の理不尽
スポンサーサイト
拍手する

fate


遠き羨望、歪む博愛

全き聖人への崇敬

安らぎを与え給え

聖女は此岸に在りき

祝福の時は来たれり
more...
拍手する

fate


私のはじめてのひと

血は吹き出たか

その温度を覚えているか

幸福の享受

あの日死んだのは誰
拍手する

fate


誘惑の果実

山の彼方

ブルー・ブラッド

求道

夢の後先
more...
拍手する

SHERLOCK


壁に蜂の巣

余計なことを言う前に

滴る眼差し

依存症

待ちに待ったクリスマス
拍手する

マギ


隣に立つために

眩しき人よ、

惜別

肩に触れた光

眠るこどものまろい頬
拍手する

ヘタリア


すべきことは分かりきっていたのに

「側にいてあげないと」そんな台詞は自分への言い訳でしかないの

木漏れ日の波に飲まれて眠ろう

ばかにするなと威勢良く

大人になりきれず子どものふりをした
拍手する

fate


満つる杯

選びとった果てに

ここまでおちてわたしとねむって

腕に抱ける世界を

そして嘆きの蓋を開けた
more...
拍手する

fate


穿天の祈り

少女はそこにいた

ひび割れた矜持

その手に残ったもの

聖者の故郷
拍手する

fate


聖なる虚

戦乙女は戦場に舞う

きらめきは天に満ちて、

あなたの手に残ったもの

誰が為の剣なりや
more...
拍手する

BASARA


その手を掴む選択肢だってあったはず

主のためなら喜んで捧げましょう、

その末期を見届けたい

真に畏れるもの

蜘蛛の網に向かうのはいつも蝶のほうからです
拍手する

落乱


こする目の愛しさ

においなどあってはならぬ

硬い指先

どこまでが子供なのか

喰ろうてしまおう
拍手する

BASARA


優しいあなたのためなら、(わたしは修羅にもなろうぞ)

底知れぬ朽木の虚に手を伸ばす

風の音が消えた

天を征く龍

これほどに恐ろしいものを今まで目にしたことがあったろうか
more...
拍手する

ヘタリア(中)


まるで大きな童のようだ

跪き頭を垂れるがよい、この足元に

平穏を崩したのはほんの些細なものだった

こんなちっぽけな花なぞに

気づかない振りが面白い(だからしばし、このままで)
拍手する

ヘタリア(普)


なんて薄っぺらな背中だろう!

貴方の言葉はまるで自慰のよう、そう言って君は美しく微笑んだ

素直になれないあなたの代わりに、

支える柱なしには何ものも立ってなどいられないよ

冷たい指先(それを温めるわたしの指もまた冷たかった)
拍手する

落乱


もう隣を歩くこともできぬのです

吾が覚悟を知れ

あたたかな手

彼は誰時

誰そ彼時
拍手する

BASARA


その手にどれだけの力があるのか

涙さえ出ない

まるで張り子の虎(割っても中身のない男!)

この世の誰一人として同じ世界に住まうことなど出来やしない

そうして鬼は人になった
拍手する

ヘタリア


そんなふうに笑わせたいわけじゃないのに

晴れの日の喧嘩

本音などとうにお見通し

インクの滲むような、そんな。

アフタヌーン・ティーはテーブルセットを持ち出して
more...
拍手する

落乱


甘えるな、戻る途など有りはしない

まさかまさか、こんな容易い罠にかかろうとは!

気づかぬふりをして聞いておくれよ

伝えたきことがございましたがそれももう詮無きこと

他のものが申しますことには、
more...
拍手する

ヘタリア


メタクローシス、変わり身の早さは天下一!(最高の誉め言葉だろうさ!)

聞き分けのない子どものままで居たかった

地も、空も、己も、拳を振り上げたお前さえも

だから、昔から言ってるのに

巡る季節を幾度も繰り返して、(そして終には花をつけなくなるまで、そう願うのはいけませんか?)
more...
拍手する

author

rule

一題からお使いいただけます。組み合わせるなりそのまま使うなりお好きにお使いください。創作作品での使用につきましては、リンク・報告・改変・著作権表示は任意です。違法サイトでの使用、自作発言はお止めください。報告は各記事の拍手からお願いします。
※オフライン、サイト名、素材等への使用も可能です。報告は任意ですが、可能であれば著作権表示をお願いします。

その他ご質問やご指摘、メッセージなどございましたらお気軽にメルフォからお願いします。
バナーはこちら

keyword


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。